ちょっと・・・つけたし
by ne_co201


こうなってみると・・

午後から一人でこそこそ

手を付けたらやめられないのはいつものこと


遊びで織をやっていたころ(先生ごめんなさい!)
サシ色に使っていたくず糸
こんなにこんがらがっていてはいざというときに使えない・・
もう織もやるつもりはないから未来永劫つかわないな~


e0120794_1854070.jpg

前にも載せたことがあるかもしれない・・

こんがらがって・・自分の気持ちのようだった


今日はやり始めたら・・
なんだかあっという間に整理ができる

ウール、シルク、綿、麻
草木染めも化学もそれぞれに

前に原因になる長い糸を別にした覚えはある
するする糸が抜けてくる


ああもうなくなってしまう・・

今思うと実はこんがらがったあれがきれいだとも思っていたのだけれど・・

e0120794_18581372.jpg



ここまで来たらもう最後までやるしかない


e0120794_18583851.jpg

すてたのはこれだけ



20センチあれば「ハタ結び」で繋いで糸巻をした

やって、すっきりしたか?っていえば・・
やっぱりあのごちゃごちゃも面白かったなあ~とおもう

勝手なもんだ、人の心

興味のある方だけ下へ
長くなりますので・・





小学校の頃
祖母の針仕事を隣で見ながらマネっこしていた・・


糸をつなぐとき
彼女はいつもぎりぎりまで糸を使ってのこり一センチぐらいしか残さない
そこに次の糸を結ぶ
これがハタ結び

これを教えてもらっていた。

「ハタ」とは「端っこ」のことだとばかり思っていた・・・



長じて・・すっかりそんなことも忘れ、玉結びの世界になっていた

高部さんのところで機織りを教えてもらった時

経糸の種糸に新しいものを結ぶときに
「機結び」

私、これ知っている!
不思議ですね、体で覚えたこと
すぐに出来たのです


ああ、端っこではなくて「機」だったのですね
どんなに引っ張ってもほどけない結びかた
方向が違うだけですぐほどけてしまう・・



そんなこと思い出しながら短い糸を何度もつなぎました
BOROの田中忠三郎さんの話を思い出しながら・・

「もったいない」

でもいつ使うのだろう
ほかの大量の糸とともに織のかたに
いつか形にしていただこうと思いました。


かすかに、糸と布で「絵」を描こうかと思っていたのですがね~
いつまでたってもできそうにないし


e0120794_2042278.jpg

これはウールの靴下用

勢いで一度編んだきり
また編もうかな?

素材を眺めて楽しむばかり

ハンセイ!
[PR]
by ne_co201 | 2016-01-09 19:22 | ボロ/布 | Comments(3)
Commented by しばちゃん at 2016-01-10 10:06 x
ごちゃごちゃを もう少し手で形付け
ブローチにして コートに着けている友人がいて
素敵でした。

あの結び方 機結びって言うのですね。
私もいつ覚えたのか・・・ずうっとやっていて
いつか まさ子さんのところで
ミニ講習会になったことあります。

ばぁばも時には役立つことあるんですね。

Commented by ne_co201 at 2016-01-10 16:16
そうなんですよね~
偶然が作り出す面白さに手を加えると・・・
絵の下地を作るときと同じ。
神様からの贈り物だけでは「自分の表現にはならない」と先生に教えられました。
結局はメリハリ、バランスを見極め、手を入れるのが「表現」なのかもしれないとおもいました。

そうそう、この歳になっても世の中知らないこといっぱい。へ~!ということばかり。そちらに気が向かないと頭の中に入らないのですね。いつまでたっても興味津々の心を持つのが大切なことだったのですね。

記者になったり裁縫講師になったり、これからもしばちゃん大忙しよ!よろしく!
Commented by シネマ at 2016-01-12 05:04 x
こんがらがった糸を ほどくって尊敬しちゃいます。necoさんや手仕事する人たちの 根気・集中力・に脱帽よ。ビビデバビデブーだけで 人生生きてきて 友人たちのイロイロに今年も刺激・感動させて もらいまーす。ありがとう。「ハタ結び」って言葉 はじめて聞いて新鮮です。年を重ねても知らないこといっぱい。教えて・聞かせて・よろしくね。うれしいな。
<< いとくず YUKO MAYURA >>