ちょっと・・・つけたし
by ne_co201
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


美大に行かなくてよかったね!?

私の絵を最初にほめてくれた小学校の先生と
前出の友人が連絡してくれた高校時代の美術の先生が来てくださいました。
お二人とも定年後、絵が生活の中心になりました。


小学校の先生は
病気で細かいことがわからなくなりはじめています。
でも絵のことになると、とってもはっきりお話しされる。
私がまた絵を描いていることをとても喜んでくれています。

小さいときに「ココがいいね~!」とほめてもらったことが
細々と絵を描いている力になったのだと思います。
先生には本当に感謝です。



高校の先生には絵を教えてもらった覚えはないのですが・・
と冷たく伝えると
先生も「俺も教えた覚えはない。」
先生のせいで美大に行けなかった・・と言うと
「美大にいっていたらこんないい絵は描けなかったぞ!」
相変わらずお互いに軽口ばかり
先生と言うより友達のような関係は昔から

でも先生、「これはすごい!シゲキテキだ!」と言いながら
二回も見に来てくれました。

当時は先生、大学でたばかりで
本当は絵描きを目指していたのに
女子高の美術教師になって
生徒のことに親身になれなかったのかもしれない。
何の指導もないから私、才能ないんだろうな~と思ってた。

親に遠慮もあったけど
本当に行きたかったらなんとかしていたかもしれない。
全ては自分の責任なんだけど・・
美術部の部長やってた私以外はみんな美術の道に進んだとあとで聞いた。

e0120794_2311978.jpg

「南の国から」


他にも絵のお好きな方が沢山みえました。
私の絵と言うより、私に影響を与えている
永山先生の力が人々を刺激している
そんな感じがしました。
[PR]
by ne_co201 | 2007-09-01 22:36 | 個展・グループ展 | Comments(0)
<< 嘉楽土  四捨五入で百才同級会 >>