ちょっと・・・つけたし
by ne_co201
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2008年 10月 22日 ( 1 )

日の沈む国から 4


モロッコはアフリカの北西
歴史的にもアフリカ、アラブ、ヨーロッパとの影響がさまざまであり
世界で一番最初にできた大学もあり
文化も経済もむかしから発達したところ

e0120794_1332871.jpg

私たちは今回
南モロッコの「砂漠で遊び・絵を描き・スークで楽しむ」というスケッチツアー

わかりにくい地図だけど
緑の線が行き
赤の線が帰り
緑の×は今日のキーワード「ワジ川」

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あまりやることが多くてブログ更新がなかったら
風邪がひどくなったのでは・・と心配の電話が何本も

大丈夫です。何とかやっています。
お父さんがいないので、ほかの事全部うっちゃって
やりたいことやっていますので

こんなだらだらした旅行記でも楽しみにしてくれている方がいるので
急いで本日分を更新します。
Kさんご指摘のとおりナンバリングを間違えました。
前回が3、今回が4
指摘の前に気がついて直したのですが・・しまった、しまった・・

本当は別の仕事に集中しているので、これは息抜きに書いている。
息抜きにメールも電話も何でもうれしい・・
一日16時間以上パソコンの前、好きじゃあなくちゃあできないね。


何でそんなに・・ナイショです。これも趣味のうちなので・・・
楽しみ、楽しみ
うちの中は旅行の残骸まだ片付いていないのにね~
困った困った


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いよいよサハラ砂漠に向かって移動
途中沢山の町や村を通り

e0120794_1345898.jpg


e0120794_14441821.jpg


そして町の市場
塀に囲まれた広場にたくさんの車やが集まり
お祭りのごとく沢山の人々が集まってくる

e0120794_1349416.jpg


車の流れに沿って次々に人々が通り過ぎる。

e0120794_13494711.jpg



緑が豊かなオアシスにある村はやはり豊かな感じもするが
後はもう荒涼とした石ころと砂地が多い

山肌では羊飼い
こんなところに草もあるのかと思われるところに突然沢山の羊の群れが

e0120794_140163.jpg



子供たちがよく働いていて
畑や山の仕事をやっている

国が教育に力を入れているから
どこも学校はきれいでしっかりしたものがある。
途中で家に帰ってお手つだいもするらしい。

とにかく子供たちがよく働き、よく遊び、よく勉強している。

e0120794_1455699.jpg


ナツメヤシがびっしりなっている。
カラフルな洗濯物があちこちにあるが
珍しくやしの木にかかっていた。

e0120794_1484573.jpg


初らくだも見えてきた。


と・・・・
突然おまわりさんがバスを止めた。
どうも様子が・・・

快適なドライブだったのに
この先×のところでワジ川(枯れ川)が氾濫して橋が流されたとのこと

砂漠地帯はどこも普段はほとんど水がない枯れ川
橋も上をわたる橋ではなく、川に張り付いた橋
水が出るとその上を流れて、少しだったら水をかき分けてわたる。
昨日の洪水で、その橋が流されて通行止めになったという。

先を急ぐのは私たちのバスだけ
話しを聞いて地元の人たちは帰ってゆくが
このバスはそうは行かない。


そういうこともあるんだよね・・とあまり驚かない
車中泊もありうるか・・とおもう
そう思っているの私だけじゃあないみたい。
添乗員さんがかなり冷静だからかも知れない。


モロッコ人のガイドさんと運転手さんは警察へ・・
その間
近くに止まっていたトラックの荷台
本当は撮っちゃあいけないんだけど
始めて、といおうか最初で最後
女性のスカーフ姿を正面から撮ってしまった。

e0120794_14253732.jpg


かなり厳しそうな感じ
クロを着ていると特にそう思われるのかも知れないが
なんだかわからなくていいでしょう?これくらいなら
スケッチもしてしまった・・・あまりかっこよかったから・・
申し訳ないと思いつつ、でもあちらもかなり興味深そうに
変な東洋人の一行をずっと眺めてた。
子供はすっかり飽きていた。

後の話ですがマラケシュの市場で
お願いしたらOKだったので
黒づくめの女性を描かせてもらった仲間もいたのです。
それぞれのようですね。


それから警察の車の先導でわき道を遠回りして目的地まで
その道沿いがまたよかった。

バスなんかほとんどとおることのない舗装もしていないがたがた道
村の子供たちがサッカーをしたり
自転車で追いかけてきたり
大人も子供もみんなニコニコして楽しそうに手を振ってくれる。
なんだかふるさとに帰ったような懐かしさ

手を振って楽しんでいたら写真も忘れていた。
自分のむかしに手を振って見入ってたような気もする。
名前も知らないところだけど、また行ってみたいと思うところ
今回、一番印象に残るところとなったのでした。

その後も昨日の雨の影響でいろいろあったので、
ホテルに着いたのはもう夜遅く、
それでもちゃんと食事が用意されて
一戸建ての面白いお部屋で就寝となったのですが・・
夜中にまた大嵐・・そういえば今は雨季だったんですね。


e0120794_14444546.jpg

[PR]
by ne_co201 | 2008-10-22 14:39 | モロッコ旅行 | Comments(2)