ちょっと・・・つけたし
by ne_co201
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


カテゴリ:すてられないもの・むかしばなし( 17 )

最初の旅行

むか~し、そのむかし

本日も長くなりそう
先日昔の日記を全部捨てたので思い出代わりに書いているのでスルーしてください


夫と一緒に行った最初の旅はベルギー、ブリュッセルから入ってドイツ~フランス

決まっていたのは行き帰りの飛行機と最初のホテルだけ
それだけはやってくれた
当時は飛行機代だけで30万(それも格安で!!びっくりだよね~)
外国旅行の何と特別なことだったことか

まあ、いろいろあったのです

一番は最初から喧嘩しました
別れることも考えました
(ブリュッセル離婚!だったらかっこよかった?)

彼は昔ドイツに一年間留学していたので外国事情にも詳しいが
私は初めて

二日目からは移動先の案内所でホテルを探しながらの長旅
それも重いトランクをもって・・(一度も手伝ってくれなかった)

一ドル280円くらいだったか?
トイレ一つ探して入るのもお掃除のおばさんにチップあげるのもまごつく
相手はちょっと待っていろ、と言って荷物を預けて私を路上においたままどこかへ行ってしまう
食事をすれば、好きなものを頼めとメニューを渡される(ドイツ語だよ~フランス語だよ~)

私はもっと優しくしてくれると思ったのですよ
初めての外国、しっかりエスコートしてくれるのかと!


なんでも自分のことは自分で!
この時からですね

この人の本質がわかっていなかった!
おんぶに抱っこされるのは嫌なのですね
自己主張をしてほしい、ということだったのでしょうが
外国にいては手も足も出ない
ガイドブックも読んでいなかった私
俺に任せておけ!みたいなノリだと思ったのがいけなかった・・のか?



最後、またブリュッセルに戻って後は日本に帰るだけ!
私は航空券を持ったまま夜の町に出て行った

すこし困らせてやりたかった
さすがにお金もないし知らない町の安宿の周りには寄りつくところもない
おなかもすいたし、一度ホテルに帰ったら・・

ホテルのおばちゃんが手を取ってフランス語でわ~わ~言って私を部屋に押し込める
出てはダメだと手振り身振り

しばらくするとあいつが帰ってきた

「喧嘩して出て行ったから帰ってきたら部屋からださないように頼んでおいた」

実は彼がパスポートを持っていた
二人合わせないと日本には帰れない

しょうがないから何となく仲直り
ヨーロッパについて初めて食べた小さなレストランのスープがもう一度食べたかった
行ってみたけど、どのスープを頼んだのかがわからない
どうしても食べたかったのでこの時ばかりは二人で協力
英語とドイツ語で説明してみる

どうも日替わりのスープだったらしい

食べられなかったからこそ今でもそれがあの時食べた中でNO1の思い出スープ
だけどなんだかわからない
緑の野菜スープ、バジルだったのかな?その当時は西洋野菜もハーブもなにもしらない


あの旅行で覚えているのはケンカしたこととスープのことくらい





まあ
それから40年
ワイン片手に
「良くもったな~」
「すぐにわかれるかと思った」


昨夜の会話はそれだけでした

破れ鍋に綴蓋
こんなものかもしれないと思うのです


いつか言われましたよ
「良かったね、ぼくのおかげでなんでもできるようになって!」

そうだよ、数回の引っ越しもアメリカに行ったときも家を建てたときも
あなたは段ボール一つさわることなく、「いくぞ~」「家を建てるぞ」最初の第一声だけでした。
銀行の人に言われました
「一度でよいのでご主人にお話しうかがえませんか?」
私が勝手に家のローンを借りると思ったらしい・・
ずっとずっとそんな生活
それが当たり前になっていた・・な

よそのご主人はなんでもやってくれるらしい・・





e0120794_10415165.jpg
こんなものも捨てました
そうだよ、状況は変わるからそのたびに新しいものを買う
娘と私の旅の友
ツアーにのったのは韓国とスペインの途中だけ(面倒だった・・)だから事前の調べが必要だった
そうだ!モロッコもお絵かきツアーだった・・
ネットも今のように便利だった時代ではなかったなあ



それに私はもう行くことなないな~
かの人と行くと疲れるだけ
一人か娘、または友人と行くほうが楽
行くたびに具合が悪くなるし、もう13時間のエコノミーはダメだろうな~


中欧?クロアチア、スロベニア?ラオス?

行ったことないぞ~
ネットサーフィンかBSででも楽しもう






・・















[PR]
by ne_co201 | 2017-10-02 10:54 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(0)

はさみ

チクチクをするときに手放せないのが糸きりばさみ

今回田舎で
祖母と母が残した裁断用の錆びた庄三郎と糸きりばさみをみた


糸きりハサミ(大きいほう)を持ち帰った


e0120794_22285530.jpg


私の裁縫箱の中に入れた・・



小さなツルのゾーリンゲンはどこに行ったのか?
あまり使わないのでどこかへ行ってしまったな
小さい糸きりは錆びていて恥ずかしい・・



大きくても小さくても 糸きりばさみ
これは本当に便利

一回の作業で糸が切れる

ほかのはさみは指を枠に入れて開いて切る
という作業が三つの積み重ね

手に取った瞬間、押すだけで切ることができる糸きりばさみはすごいです!


ほとんどお裁縫とは縁がなくなった私が言うのも変ですが・・




・・・





[PR]
by ne_co201 | 2016-08-10 22:41 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(0)

捨てたもの

母のばかりなので申し訳ない

e0120794_046557.jpg



特に使ったのは圧力鍋とオーブンレンジの付録本と茶色くなったノート一冊




e0120794_0493128.jpg




茶色のノートで育ったのだとおもう
圧力鍋はワタシが主婦になってから母へのプレゼント・・
ガスオーブンは父の好きなグラタンやパンなどを焼いたもの

そばもうどんも何もかも手作り
昔はみんなそんなものだった


節約料理
「ひき肉」の項目が多いなあ・・
こうやって家計を支えていたのだ




おじいちゃんが採った山のきのこを入れた
煮込みうどんが最高だった!


釜揚げぐらいなら私もできる
のし板と麺棒をまたいつか持ち帰ろう



シルバーと車いすマークの軽をバリバリ?運転しているとこ



e0120794_1182034.jpg



美しくない本日の写真でした・・





・・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-08-09 00:59 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(0)

ちょっとうれしかった話

娘が私の腰が心配だからと実家の物置片付けの時に一緒に行ってくれた

冬タイヤとか捨てたらいけないものを別の場所に動かしてもらった

が、
おじいちゃんの版木を全部捨てるところに置いたままだった

娘は・・実家のものには何一つ執着しないのに・・
「これは捨てないで!」
せめてこれだけ!
ときれいな版木をさっさとまとめて家の中に持ち込んだ


え~~ッ!?

「自分で創ったものだよ
お母さんだって自分の絵を捨てられたらどんな気がする?」

「版画の現物はとってあるよ」

「版画の大変さはお母さんが一番知っているでしょ?
お願いだからこれはとっておいて!」


ドライな娘の口から出た言葉とは思わなかった・・
(実は私もちょっと先送りしたくて
内緒で出来の良い版画の分をもうすでにかくしてあった)




彼女は絵を描いていた
道半ばで仕事は別の道に進んだ
このブログのタイトルイラストも彼女の絵だ

それだけでは生きていくには足りないだろうが
良いパートナーがいたならば
好きな世界で生きていけたかもしれない
「創りだす」ことの大変さは知っている



おじいちゃんの望みは彼女の幸せな結婚だったけど

それがかなわなくても
「良い孫」がいてくれておじいちゃんは幸せだなとおもった


息子は前に来たときに、使い古した一升、五合、一合マスを持って帰った・・



e0120794_1595443.jpg



こんな感じで使うらしい・・
この重りは・・ちょっとちがうけど・・


e0120794_15103248.jpg





父のいろいろで
家族とか親戚とか
みんなに世話になっています

家族っていいな~!

家族の単位はもっと大きくて
甘えていいのはおじさん、おばさん
いとこたちや姪たちや
なんだかおおきな輪がひろがってたすけてもらっている感じ

もともとあった輪を
忘れていたのですね




今頃感謝です!




それだけでも父ががんばっている「意味」なんだと思った




e0120794_23144811.jpg

はじめたころ
ドクダミばかりを彫っていた


まっすぐなひとだ










・・・・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-06-10 22:48 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(2)

くさずもう

むか~し

おいなりさんの相撲大会で5人抜き
おじさんや兄に鍛えられて相撲はつよかった



e0120794_23141553.jpg



懸賞は 油揚げ・・ではなくて

バケツやたわしをもらった

うれしくて家に持ち帰った覚えがある


山ちゃん、残念だな!勝負が決まったところをみせたかったなあ
5人目になると隣町のガキ大将が出てきて良い勝負
かったり負けたり


相撲もケンカもそのへんの男の子よりは強かった、とおもう
スカートはいたまま、おさげを振り乱しているのがワタシ

お転婆、そのもの
負けるのが嫌だった!




だれが撮ったのか?
父かな?



ずいぶん前から父の趣味の一つがカメラだった

スナップがいっぱい残っている




e0120794_23155218.jpg



買い物に出かけた母と私
これは幼稚園のころかな?
帽子、セーター、スカート、みんな母の手作り
二色のコールテンのスカート、
おあまりの布で作ってピエロみたいで嫌いだった。
母の洋服は?多分自作だったとおもう・・
そんな時代
いろいろなことを思い出す。
むこうの店先は多分布団ワタの山



写真がぼけているのではなくて
それをまた撮った私のカメラがぶれています
写真の整理もしています
実家でスキャナーがないので
大量の写真をカメラで記録しています
てからないように暗いところでバチバチ撮る
液晶で確認もしない
だからボケが多い・・




モノクロ写真、なんだかよいのだけれど・・


よく似た親子なのだといまさらおもう
父にも母にも









・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-05-19 23:18 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(0)

マッサージ

前回のブログで
山ちゃんと話していて、マッサージの話

本当はマッサージチェアーがほしいけど・・



e0120794_2049731.jpg




昔、むかしのマッサージ機

これが結構役に立つ

実家に帰るとこればかり




あとは・・



頭の刺激はこれに限る


e0120794_13474599.jpg




静岡、清水の造船所で働いていた父の一番下の弟、五郎おじさんが
時々自作のゲームを送ってくれた


若乃花を出すのは結構骨が折れる






それぞれのおじさん、おばさんに
本当にお世話になりました




すごい兄弟だ!



父の冊子を作ったおかげで
一度もあったことのないいとこから連絡あり


本当にありがたいことだと思います。






・・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-05-16 20:51 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(2)

針箱

息子曰く
おかーさんは
実家の物置に行く時と古いものを整理しているときは
自分の具合の悪いことをすっかり忘れるらしい・・とね



私の記録です
どうってことないけど、書いておかなければ永遠にボツになるので




今回は針箱

古い引き出しの針箱がふたつとカゴの針箱一つ
箱はどちらが古いのかわからないので
壊れていない箱に保存することにした



e0120794_22152714.jpg




まあこんなにちまちまとってあってびっくり
ボタンとフックとファスナーたっぷり


e0120794_22173555.jpg



古いボタンは・・へ~~~え?



e0120794_22182163.jpg



昔は銀行も証券会社も針セットを奥様方に粗品をくれていた・・


e0120794_22193083.jpg



もっと、昔の粗品?
きいたことのない呉服店のものだ



母は頼まれて訪問着から綿入れまでなんでも縫っていた



e0120794_22205618.jpg



縫い物に
使っていたカミソリは未使用。デザインがステキ!


e0120794_22262169.jpg



児童用?釣り具セット?

ピンクのボタンがひとつ入っていました・・・



なんだかわからんものが出てきますわ!




私の始末は一挙に捨ててくれたらと思います

分けるのは時間とパワーが必要です










・・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-05-15 22:32 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(2)

たからもの

実家のはがきファイルから
こんなものが出てきた



また捨てられないものが紙一枚の重さで増えてゆく?




e0120794_1041449.jpg





まあいいか!

これがくせもの!







・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-05-13 10:48 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(2)

すてなくては・・

物置を整理していて・・
並べ始めたら際限がないので途中でやめた


e0120794_21203394.jpg




引き出しのつまみからナット、ボルト、滑車から、電球まで
父の整理箱、多分規則性があったのかもしれない小箱の中に
まだまだ山のよう
なんでも使えると捨てなかった父のもったいない気持ち
じっさいきちんと使って
どこかで役に立っていた


e0120794_21254426.jpg




あれれ、どこかでみたことがあるような?
全然レベルは違うけど・・

そうそう額つくりのワークショップ 
少年の心の熊澤御大の宝箱のよう
先生が作るのは芸術作品



父の場合は
自分で家の中を直すための実用品


使い込んだ美しさはなににも代えがたい



e0120794_21285184.jpg




なんでも捨てる前に写真を撮るのが私の仕事かな?ともおもう

どうせ二度とみないのだから
ここにきろくしておこう

だったらまだまだ



e0120794_21301971.jpg




母の裁縫道具のなかから残っているもの


e0120794_21305173.jpg




いつごろなんだろうな?
こんなもの

名前が書いてあるから女学校の頃か?



e0120794_21313294.jpg




捨てることの負い目を
記録に撮ることで言い訳している


どちらのお宅でももっと良いものが残っているでしょうが


父と母にとって、そして私にとっての素敵な記録


時間があるのでこんなことができます




※ galleryairのブログにアクセスできました
  展覧会の様子はこちらでご覧ください   
















・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-04-26 21:41 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(4)

でてきた~~

懐かしの写真が出てきました・・



本の絵から起こした25年前のピーターラビット


e0120794_1926445.jpg



ほとんどあげてしまった

紙粘土だもんね~

水彩で採色、それもうわぐすりもかけていない

弱いところ、耳から崩れる!?

多分、みんな壊れてどれも残っていないような気がする





この写真も・・でてきた
ぶらぶら人形



e0120794_192919100.jpg



10体ほど作ったような気がしたが・・これだけか?

記憶なんてそんなものかもしれない


左のピエロなどはマネっこ
女の子たちはオリジナル

スカートは娘に作った洋服の切れ端


甘ったるくて今だったら気恥ずかしいけど
やっぱり懐かしい



今回は残っていないからよいような気もするな~

人の作ったもの、こわれなければ捨てられない
顔のあるものはましてだ

いい加減なものを作っていてよかったなあ~とおもうのでした




しっかし!

とんでもない懐古趣味

いまさら、ピーターラビット1?

いまさら「かないともこ」?
知っている人にしかわからない!

シャドーボックスと同じレベル

どうもすみません(林家三平・・でした)





笑ってください





・・
[PR]
by ne_co201 | 2016-02-19 19:30 | すてられないもの・むかしばなし | Comments(2)