ちょっと・・・つけたし
by ne_co201


<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

HALL EGG FARM

おととい書きそびれたEGG FARMのこと


いや~遠かった、遠かった~

上野から高崎線
新幹線でぴゅーっととおってしまうから途中の地名などほとんど見たことないし
高速に出てくる名前もない

車両の案内は籠原まで?
私はその先の深谷まで行くのだけど・・?
プラットホームの表示は「新前橋行き」

???

しばらく電車の中やらプラットホームを行ったり来たり

やっとわかりました。
私がのったのは前の車両
熊谷の次の籠原で切り離される車両に乗っていた。

まあいいや時間はたっぷり一時間以上もこのままでいく
籠原で後ろに移ってもいい

とは思うが寝たらいけないとか
本当にこのままでよいのかと心配で本もなかなか進まない
駅の名前を確認しながら

「尾久?」のっけから知らないぞ!
大宮やさいたま新都心は知っているけど
「宮原?」
「北本?」
ごめん鴻巣も上尾も位置関係は全く分からない
最近地図見なくなったもんな~と

しばし知らない国への小さな旅

着きました「深谷」
名前は知っているのにまったく異国

e0120794_23472841.jpg


見て見てこの駅舎
駅前ではなくてコンコースの上にまたいで建っている

東京駅のコピーとか?
あとでちゃんと調べておきます・・

メールでライブを申し込んだのはよいけど
恐ろしく不便なところと聞いた

送迎をお願いしたら
「改札で待っています。」

???
「外国の空港のようですね」なんて余計なメールを返してしまったが
本当に紙をもってお兄さんが迎えに出てくれていた。

それから待つこと15分ほど
続々と集まる集まる・・

「私は千葉から三日間」
「名古屋や北海道の人もいるのよ」
とは毎日来ている千葉のおば様

お迎えのバスの中で
おば様からEGG FARMの概略を教えてもらう

養鶏場を経営している齋藤さん
(齋藤徹さん、デザイナー齋藤さん、親戚ではありません。偶然同じ)
奥様がジャズのコンサートホールを始めたのが?年前
おば様は昔っからの知人らしい

子供たち五人がそれを手伝って
一人はシェフと結婚したので最近はカフェやレストランもはじめたとのこと

その筋?の人はここに招かれるのがステータス
外国のミュージシャンも日本に言ったらEGGFARMにいったのか?と聞かれる、とか

山下洋輔、佐藤允彦、富樫?井野?小杉、三宅・・・・???

私がわかるのは最初の二人くらい

とにかくすごいらしい(どうすごいのかよくわからないけど)


最初のすごい!は
あたり一面の林や畑

次は養鶏場の鶏のハウス

そして・・


e0120794_04382.jpg



森の中にこんな建物が・・

こじんまりした森の中レストランと

50人から100まで入れそうなコンサート会場

e0120794_065855.jpg


この会場の名前はspace who(スペース フー)


ここでバールさんのライブを聴いたのです。



終わって・・

e0120794_085211.jpg


余韻を楽しみながらお食事もあったのですが
私はそのまま失礼

外の自販機でこの農場の卵を買って

e0120794_0193750.jpg


またバスに乗って深谷駅

一緒にのった彼、彼女
バスから一目散に駅の構内へ走る走る


雨は降るけど私もつられて全速力

滑り込みセーフ

湘南新宿ライン特別快速にのれた・・
と言ってもほとんど各駅みたいなもので多少早いだけ?

赤羽で乗り換えて西日暮里・・
知っている駅に降りたら

あ~帰った・・と思った。

よく見たらどこでやったのか卵がすこし
われておりました・・



バールさんのおかげで関東小さな旅

ライブもよかったけど
これもまた楽しかった・・のでした。


鶏の卵が支える林の中のコンサート会場のお話でした。


ながい報告おしまいです。
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-31 00:20 | コンサート | Comments(4)

うふふ 

やってきました、ラブレター

いつもの絵巻絵手紙、けいこせんせい


e0120794_033221.jpg



いつもびっくりさせてくれるけど・・
今回はあしながおじさんのカットをヨウシュヤマゴボウの実で描いて

ボロ展の感想を描いてくれている


うれしいよ・・・

どれもこれも
絵も手紙の内容も

何よりも世界に一つしかない彼女の表現で・・

ボロ展のことも私が伝えたいことを100パーセント
それ以上にわかってくれて


これからも
日々の暮らしの中で
豊かな発想
何が表現できるか

ますます楽しくなってきました



く~~うれしくて!!万々歳


さんきゅー!!
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-30 00:13 | ne*co日記 | Comments(2)

バールさん

行ってきました雨の中深谷まで


これが聴きたかった・・

バール・フィリップ

コントラバスの即興演奏

e0120794_042862.jpg


相変わらずの音楽音痴だから何の知識もないけれど
デザイナー斉藤さんのおすすめで

コントラバスの齋藤撤さんが企画したバールさんのコンサートツアーの最終日
深谷のHALL EGG FARMへ


その名の通り養鶏場の中のコンサートホール

知る人ぞ知る?らしいがごめん!私はずぶの素人


本日の相棒は高橋悠治(ピアノ)と沢井一恵(17弦)



凄かった~

体にしみいるようでした。

音の一つ一つが心地よく

コントラバスのどこからこんな音が湧き出てくるのか

弦の音はもちろんたたいたりこすったり

どんな音も体の波長といっしょになって体の芯に届くのです

メロディーでもなく’おと’

自然の音に近いのかもしれません

宇宙に漂うような感じなのかもしれません

眠くなるほどに音がやわらかくなって溶け込んできます

記譜されたものでないのにピアノとも17弦とも折り合って

静かに静かにとまりそうな時間に漂っています

音があるのに静かなのです。





また本物に出会ったようです。

音楽を知らなくても感動することができる

余韻はまだ体の中に残っています。





Barre Phillip(10月27日が78歳の誕生日)

アメリカ西海岸のジャスからニューヨークでのフリージャスを経てヨーロッパへ移住
1000年前のサン・フィメロン教会に住みフリーインプロビゼーションの流れの中心にいます

彼についての話は齋藤撤さんのHPから
面白い話がいっぱいあります。
よかったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-29 00:09 | コンサート | Comments(3)

今日は

姪の結婚式で東京大神宮


e0120794_018258.jpg



東京も広いよね
こんなところがあったことも知らなかった


こじんまりした神社で
幸せそうな姪の写真を撮る


プロがどう撮ったかは見たことがないけれど
今迄私の写真を喜んでくれる人がたくさんいた

それは母親の目だから・・

技術ではなくて
この子の世界で一番幸せの時を残してやりたいと思うから

ただそれだけなんだけど
カメラおばさん全開で・・少々嫌われたかもしれないな~



ゆうちゃん、おめでとう!!
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-28 00:31 | ne*co日記 | Comments(2)

昨日のこと

オオツカのメンバーの人見さんと石福さんの二人展に行ってきた。

e0120794_2140852.jpg


優しくて個性豊かなお二人の絵は
おおらかでのびやかでいい

こんなふうに絵を楽しんでいたらいいなあ~
気負うところがないのにちゃんと自分が出ている。

それはとりもなおさず
穏やかなそれぞれの品の良さや優しさなんだと思う。

あんな絵が描けたらよいなあと思う



それから夕やみ迫るアミューズミュージアム

小林東洋さんの個展

e0120794_2126535.jpg

やっぱり小林さんの作品は羊窯でみたいな~と思う


襤褸も改めてみてきたが
最初の華やかな全体に比べて
ビルの規模は縮小して
ボロ展もさみしくなっている。

相変わらず展示はぴかぴかだけど

やっぱりこれでよいのかどうか・・
かなりの違和感


今日はわたししかいなくて静かだけど
津軽の博物館で観たいよね

泣きたくなるような人々の声や津軽の風の音は聞こえない・・


e0120794_2131367.jpg



無理はいけない

人見さんたちのように気持ちを緩くもった生き方がいいなあ、と思った一日でした。
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-25 21:31 | ne*co日記 | Comments(0)

見れば見るほど

遊び布さんのバック
ばたばたしているあいだにすっかり私の生活になじんでいた


見れば見るほどいい女?

e0120794_1922128.jpg



軽いし、しっかりしていてなんともいい


実は今まであまりよく見る気持の余裕がなかった
今日、バック本体の布を明るいところでしげしげと見た。
遠くても近くてもよく見えない歳になっているので・・

麻?その割には柔らかい
綿?にしては糸のはりがしっかりしている

これはなんだ?

と言っても私には布の知識は皆無
シルクと麻と綿と化繊の区別もさっぱり

アイロンかけるときにタグを見るくらいなもんだ



でもこれ、古い布で太い糸の粗い織なのに絞りで模様をつけている
何で染めたんだろうね、ムラも味だし
黒く光っているのがなんともいえない


遠くで見るとそんなに古く見えないんだけど・・


やっぱりよい布を使って
センスのある人がつくるとこういうことになるんだという仕事

ご本人は「バックは苦手なんです」とおっしゃるけど
なかなか



彼女のブログを読み返してみたら
インドのアンティークの麻布だと・・


ご自分用に作ったバックと同じもの

そのことさえわかっていなかったわたし

それを読んでお願いしたのに・・

見るだけと、使ってみるということは違うことだったのですね

やっぱり手に取ることは大切ですね
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-24 19:17 | ボロ/布 | Comments(2)

よいてんき

本当は昨日の美術部で部員の方が持ってきてくれた
二種類のアケビと
土曜日に傷だらけになって切ってきたザクロも描きたかったけど・・


e0120794_11255210.jpg

向こう側が本種のアケビ
手前がどうやら三つ葉アケビ?
誰かがムベだと言っていたから調べてみたら
ムベの葉っぱはアケビと同じだった
両方ともにまだ紫になる前だからアケビに見えないかな~


さすがに二週間もろくに家事をしていない

「二階のごみはどうするんだ?」と言われると
本日はお掃除・・


最後は買い物に出た
ちょっとうきうき


これを持ってね

e0120794_058980.jpg


ボロ展に参加の遊び布さんのバック、手前のを私が買った

へへ・・

ちょっとお買いもの
お財布と携帯

歩いていく郵便局や近くのお店のお買いものになかなかいいよ



一番は手触りがよいのです
持ち手は蚊帳にチクチク
バックはでこぼこのある?なんていうのかわからないけど・・

しっくり手になじんで
持っているとなんかだ懐かしい


蚊帳がぼろぼろになるまで使いそうだな~
ボロボロになったらもっといいかもしれない


だったら今はボロじゃない?

あまり布、端切れも私の中ではみんなボロ
使い古しで捨てられない布たちはみ~んな 大事な”ボロ”
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-20 01:01 | ne*co日記 | Comments(0)

うちと同じ?


ボロ展で家の椅子をディスプレーに使った

e0120794_038968.jpg


ほかのものと一緒に引っ越し荷物のように
一人で車に積み上げて、やっとの思いで運んだ・・
(家のことだって力仕事もいつも一人でやる
私の趣味のことはこっそりとわからないように運ぶ)


こっそりやるには少々存在が大きかった・・
リビングの壁にでんといた椅子
買ったのもどこかのセールで安かったので衝動買い
運び入れたときはわからなかった・・?何も言わなかった夫が

「あれっ椅子は?
ないほうがすっきりしていいよ。
ついでに誰かにもらってもらえば?」


わ~~~やっぱりね・・

ということでうちに持ち帰れなかった


今日は美術部の物置とかしたが・・
描いてくださった方が約二人

e0120794_0484416.jpg



あのあの、我が家ではもう少しきれいに使っておりますよ

これはモチーフモチーフ
ほかに4個組んだあとの残り物
この中から選んで自分で組み合わせるようにおいてある。


(冷や汗)

もう持ち帰ることできないのか?


夫の留守を見計らって静かに持ち込まなければいけないが
もうリビングにはおけないのかなあ~


家じゅうものだらけだもんなあ~
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-18 00:56 | 絵のこと・つくること | Comments(0)

世界はひろい

先月一週間のうちにアパートを整理して北欧のカレッジに行ってしまった息子から

電気代金を支払ったと連絡をしたら二回目のメールが入った。

向こうに行ったら本人は嫌と思いながらも「日本人」を背負わなければいけない

彼は日本人なのだから・・



世界中から集まった人たちに(上は60歳以上)
日本食を作りたいので
ダシと日本酒と大葉、海苔などを送って、と書いてある。


そうだよね
ニューヨークの20年前でさえ手に入らないものもあったのが
今では世界中、どこでも簡単に日本のものがでに入る・・様な気がしていた

彼が毎月通っていたバンコクなんて世界中のものがあふれていた


だから、今はもう私たちの頭の中では
どこに行っても何でも手に入るような気がしていた が・・・


彼の行った先は日本人は数えるほどしかいないところ(だと思う)
それも首都から乗り物を乗り継いで
(それも何にのってかわからない)5時間ほどの
牛と馬しかいないフィヨルドの見えるところ・・・らしい


世界中(彼の行ったところは)現地のものを食べるのが一番安くておいしいが
ステイ先では「日本」がキーワードになる



幸い彼はお弁当男子だったので
料理は得意、煮物も作るし魚料理もできるはず

しかし・・やはり調味料がなければ手も足も出ない


時間があれば何とか工夫してそれらしいものも作るだろうが
とにかく忙しいスケジュールらしい(勉強はしているようだ)


え~っ?お酒?大葉?禁止物品ばかりだよ



電気料の支払いを転送できる親がいるから
お願いと言えば送ってくれる親がいるから・・


そうは言っても親だよね
何とか送ってやりたいと算段する


親はいつ卒業できるのか

甘えられるのもちょっとうれしい、と思うから困ったものだ


e0120794_2232012.jpg


車の中から赤信号で・・
本当はもっと左がきれいだったのに・・
車が止まっていてとれなかった・・

もどかしいけど
今日のきれいな雲がちょっとでも撮れたからよいとしよう


何でもみんなそうだよね

息子の話もメールからキーワードと憶測だけでこれだけ書ける

元気ならまあいいか
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-15 22:34 | ne*co日記 | Comments(0)

おまつりのあと

みんながいなくなって
所狭しとならんでいたものたちがいなくなって

かたづけられたものたちが少し残ったこの空間がちょっと好きだ

みんなの笑い声やうれしそうな顔があちこちに

ああ、あの方もこの方も来ていただいて


片づけが終わってきれいになったギャラリーで

一人になると思う


しばらく余韻を楽しめる自分がいる


清水さんの時もそうだった・・


ありがとう




e0120794_0111623.jpg



来週は美術部だ!

切り替え切り替え

がんばろ~!

何もアイデアがないぞ~
[PR]
by ne_co201 | 2012-10-15 00:14 | galleryair | Comments(0)