ちょっと・・・つけたし
by ne_co201
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


<   2014年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

元気でね~!

口の悪い友人から

「あんたの文章は硬くて暗くていかん」と言われているけど

へいへい、これは性分なのでしょうがない
もともとくらい性格だし
無理して楽しいことだけ書くのは・・それでは本当のことがかけない

本当の本当のところはないしょだけどね
オブラート(なつかしい!)につつむように伝えることもできないが
汲み取ることができる人にはきちんと伝わると思っている


e0120794_12425898.jpg



この前大塚で彼岸花を描いた
それはお見せできるほどではないので
嘉楽土の個展用に描いた明るい絵を!

まとめてなら勝負(?)できた絵
なつかしいね~!


ハスと山茶花がへん?
あはは

きれいな色はやっぱりきもちがよくて元気になれるよね


また誰かさんから突込みが入るかも

「使いまわしばかりで、新しい絵は描けんのか!」と
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-30 12:26 | 絵のこと・つくること | Comments(0)

であい

誰にどこでどうやって出会うかは神様次第

でもやっぱり引き合うものがなければであうはずもない




e0120794_1973397.jpg

くにちゃんちのたまねぎ


かわいがってもらって、幸せな子だ


やさしくしてくれるくにちゃんをおもう


とおくのとおくから しかエールを送れない
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-29 19:10 | ne*co日記 | Comments(2)

いま

季節がよいとき

一番空気がきれいな時


e0120794_11374284.jpg



去年の今日はここに行っていた・・

あっという間に月日は流れる



天に向かって枯れてゆく

それでよいのだと思うこのごろ

一日ずつの積み重ねが影になってのこるだけ



頑張れ!みんな

私も含めてね
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-28 11:42 | ne*co日記 | Comments(0)

あ~とけちゃいそう~~!

父は私のために鹿教湯病院に入院してくれたのか?
と思うほどに
周りの風景は田んぼ、田んぼ、田んぼ


e0120794_19444674.jpg



今まで稲刈りと稲架掛け(はぜかけ)の季節にピッタリ帰ることができたのは・・
ないかもしれない・・
あったかもしれないが、多分山間の田んぼを見ることはなかったかもしれない


ザ、日本のタンボ


e0120794_19452873.jpg



どこをどう撮ったって・・きれいだよ~~


e0120794_19462493.jpg



e0120794_19465094.jpg




ああ、まだまだいっぱいあるのですが・・


そうそう信州の小中学校には
春と秋に農繁休暇(字がちょっとあやしい)があって
お家の手伝いをするお休み
(ちなみに2月には寒中休みもある)


このお彼岸の間に稲刈りが終わるのでしょう
今が黄色い田んぼとハゼがけの両方を見られるグットタイミング

こんな風景をみました
車の中、それもカメラを向けるのは少々??
かすんでおりますが(これは車のガラスに映る私のカゲ?)

一家総出で稲刈り

e0120794_20252516.jpg


子どもたちがちゃんとお手伝いしています。


ただ二枚目の写真は・・・


e0120794_20261971.jpg



むこうのお家も今風で
お父さんが携帯で電話をしている・・
多分このお宅は兼業農家
お父さんは会社勤めなんだろうね

子どもの数が多いのでおじいちゃんのタンボを
兄弟が子供たちを連れて
みんなでお仕事、といったところでしょうか

稲刈り体験できる子供たちは幸せですね。
本格的ではありませんでしたが
私も小さいころ田植えも稲刈りもやっているからこそ
その大変さや途中のお茶やお昼御飯が楽しかったのを覚えているのです。

しかし作業は大変で
だからこそ「目がつぶれるからお米は残さず食べましょう」と言い聞かされて
お百姓さんの苦労を思いながらご飯を頂くのは
家での大切な教育だったのです。


ほほえましい、今の稲刈り風景でした・・
実は店長夫人の実家のお手伝いをしている店長一家のようでした。



いろいろやらなくてはいけないことが多くて
疲れ果てている眼には
車窓から見えるこの風景が
どんな薬よりも効果があるようでした。
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-21 20:27 | 信州 | Comments(0)

無理をする

無理はしたくないけど
無理をしないといけないこともいっぱい


自転車と同じでバランスをとれるほどのプロではないから
止まったら倒れてしまうからだ


だから美術部をやった
ここでお休みしたら永遠にお休みになってしまうような気がしたからだ


やるからには精一杯
力を抜くわけにはいかない


でもね
すきなことだから頑張れる

ごめんね
エアーの仕事は休みっぱなし


小さくなって、ゴメンナサイ!!


e0120794_2237383.jpg



これがいただいたザクロの一部



他のもよい絵になりました。


その人らしく、
それぞれが、らしく描けたらよいのだと



あしたからまた田舎へ行ってまいります。
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-18 22:38 | ne*co日記 | Comments(0)

やりたいような そうでないような

世の中の楽しいことは・・

いまちょっと待て!
我慢だよな~

どうにも動くことかなわず


今は実家を昭和のカフェに?が懸案事項?



あはは・・これは絶対に無理
だって父の作品を壊すわけにはいかない
ドコモかしこも彼が作った作品なのだ



流しの中の三角コーナーさえ彼がステンレスを曲げて作った作品
あまりあちこち直しながら楽しんで?いたのをみたら
これ以上片づけられなくなった・・・


「家に帰りたい」父の復帰はどのような形になるのだろうか?

たった三か月先なのに
う~~ん、予測不可能
本当に一人で暮らしてゆけるのだろうか?
本人だけはそのつもり
下手をすると母と一緒に暮らしたい!と言いかねない


多分かなりの確率で帰ってくるのではないか?
そうすると家のリフォーム
車椅子の生活になるのは確実だ

彼が気に入るようにするのにはどうしたらよいのだろうか?
床だけでもフラットにしたいよな~
でも断熱が必要だよな~


本当は父本人が自分でやりたい!


代わりができるのは私だけ・・・だと思うのだ
一応青写真だけはできている
本当は新しい家を建てるのがよいのだけれど
本人が絶対にうんと言わない


どちらのお家も
段さ解消とお風呂とトイレの手すりだけは必要ですよ

歳をとるということは
家の中だけで生きるということだから


しかし、家に帰った父を誰が世話をするんだ?
やはり私が?
それにしては遠いし、腰も痛くてむりだなあ
私が介護される側になるのがもうすぐだもの




e0120794_8593219.jpg

[PR]
by ne_co201 | 2014-09-17 22:10 | ne*co日記 | Comments(0)

白山雅成作品展示室

あしたからの美術部ふうと

昨日まで銀座
もうくたくたでキャンセルしようかどうしようか悩んでいた

本日守谷のギャラリーカフェ「糸の花」
DM制作のHELP !が来たので手伝いに行った・・

ついでに行く前に
「ザクロなんかありますか?」ときいておいた。
なんでもお願いしておくものですね~

お庭のザクロ、枝ごといっぱいいただきました・・
こんなにたくさんどうやって描くのか?


とにかく明日からの美術部のモチーフはそろいましたよ!


だからやることにしました。
心配なくいらしてください
大丈夫、


説明は面倒で、通信を読んでいる人にはわかるのですが・・

糸の花と白山雅成展示室はイコールです。

この秋から、白山雅成生誕100年記念展覧会があります。
今は企画展の準備の真っ最中


e0120794_2250195.jpg



撮影をしているミスターの後ろ姿もいいですね~



生誕100年展ーⅠ期ー
パリ・ベニス・コリウール・モロッコ・ナザレ

2014年9月18日(木)~12月15日(月)
2015年1月15日(木)~ 7月18日(月)

302-0034
茨城県取手市戸頭7-4-5
0297-78-0274
白山雅成作品展示室
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-15 22:53 | 花水木通信 | Comments(0)

たのしかったよ

無事に夢中展終わりました。

100人の参加者のお祭りは
また再来年?

とにかく楽しかったのです。

みんなの絵を見ることも
会ったことのないほかのクラスの方たちとおしゃべりすることも
絵を観に来てくださるお客さまとのお話も
みんなみんな実になること(?)・・また頭と体が肥えます・・



紙パルプ会館の表

e0120794_1037299.jpg


もうしばらく見なくなったイネの天日干しのウマ(ハゼがけ、わが地方ではウマ)
よく見なかったのですが
お酒やさんの宣伝ディスプレイ
このほしかただと東北のどのあたりだろう?

昔、わかかりしころ列車でユースホステルをつなぎながら一人旅をしていた
車窓から見る刈取りの済んだ田んぼを見るだけでも面白かったことを思い出します。
場所によりウマの作り方が違って
それだけでも「へ~っ!」

もう天日干しをするところも少なくなって
こんな光景はみられなくなったのだろうな~
新潟の米どころで天日干しが無くなったのを見てびっくりしたのは何年前か?


田んぼ好き、と言いながら
自分で草木も育てられない情けない日本人だ



幹事有志の打ち上げで行ったお店のおしゃれなこと

e0120794_10502092.jpg


ココは広島のお魚のお店
さすがに銀座



いろいろなことを思い出したり、楽しんで
つまみ食いと美味しいものをいただいて
やっぱり肥えた!?

行ったり来たりの忙しい一週間でした。
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-15 10:56 | 個展・グループ展 | Comments(2)

昨日とはうってかわって

今日は良いお天気になりました。

父の転院で丸子から鹿教湯温泉へ

リハビリで有名な鹿教湯病院に転院することができました。

実は年齢と重症のため
最初はリハビリは無理と思われていたのですが
毎日頑張る父の姿が
周りの人を動かしました。


e0120794_2231661.jpg



三才山峠を挟んで松本と上田の中間の山の中



前の病院でもたくさんたくさんお世話になって
ここまで回復できたのですが

鹿教湯病院は
噂にたがわずしっかりしたよい病院でした。

まる一日、本人の様子を見ながら
家族を交えてしっかり情報交換をしました。

担当の先生もあちらから私たちのところへきて
これからのことをお話ししてくれたり
スタッフは患者や家族の心を拾い上げてくれて・・


「わ~よかった!」って
兄夫婦と私と

ほ~!としました・・・
体中のこわばりが溶けていくようでした。


食堂で食事をしていた父と話をしたら
(看護師さんが、食べながら様子を見ます と最初から普通食が出ていました)
柔らかい食事が物足りなくなっていた父が
「ここは天国のようだ」といったのです。

まだ来たばかりで一時間ちょっとだったのですが
スタッフのそれぞれの気遣いが彼と私たち家族の緊張をといてくれました。


感じることは皆同じ
信頼できるということは
気持ちがつながることはすぐにわかるものですね


病気とは技術と心の両面で癒すものなのだと


これからはしっかりとしたリハビリ
その間に私たちは母の世話と
二人のその先の生活をどうするのかレールを引くこと

まだまだやらなければいけないことがいっぱいだ



これからは紅葉がきれいなとき
温泉に入りながら
周りの風景を楽しみに行きたいなあ


e0120794_23143432.jpg


憧れの三水館にもいきたいなあ 
ちょっと余裕がでてきたかな?




先日も一か月ぶりのフリータイム3時間、
なんとか有効に過ごしたかった・・
丸子から旧中山道を走って佐久のYUSHICAFEに
いつもの方たちやYUSHIさんと珈琲を飲んでおしゃべりして
ほんのひと時楽しんできました。
これだけで生きかえりましたよ

e0120794_2350888.jpg



必要ですね
息抜きのおしゃべりと目に写る田んぼの風景



e0120794_23503075.jpg



この平飼いの玉子もカシスのジャムもおいしかったよ~!



銀座の展覧会も気分転換には最高です。
好きなことは大変ではないのです。

のこり明日、明後日二日間

また楽しませてもらいます。
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-12 23:20 | ne*co日記 | Comments(0)

夢中展 はじまりました

9日、盛大に始まりました。


e0120794_0581483.jpg




本日も大雨の中
沢山の方に来ていただきました。
永山裕子先生のfacebookを検索していただくと様子がアップされています。


14日まで

メトロ銀座駅12番出口松屋の地下売り場の階段をまっすぐ上がり左東銀座方面に出て
右手に王子ホールを見てその先左手紙パルプ会館5階






私は11日、12日、父の転院で田舎へ行ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ne_co201 | 2014-09-11 00:59 | 個展・グループ展 | Comments(2)