ちょっと・・・つけたし
by ne_co201


<   2017年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

二月がおわった・・

一か月毎日はブログは書いたが・・
絵は毎日はむりだった・・

まあそんなにたいした絵を描いていたわけでないが
やっぱり毎日は無理だったようだ

本格的な絵は・・アトリエで二枚だけ
うちでは頼まれ仕事で少し
それから自分の宿題


あとは・・ダメだったね
イラストがせいぜい


今日は日本橋に行ったついで
ランチタイムにカウンターで偶然お隣の女性とお話しをした
彼女は千葉銀ギャラリーの「かこさとし」の原画展をみに来たという

歯医者だけではもったいない
(また誰かに、そんな遠くに行かない!と言われちゃうからこそこそと)

なかなか良かったのです
かこさとし

だるまちゃんやカラスのイメージが強いけど
今回は「小湊鉄道」

「宇宙」の原画などすごいよね、やっぱり工学系の人

でもね~
小さな虫や植物も彼らしくてなかなかいい

一番感心したのは・・
どんな小さなものにも
きちんと「影」があったこと

あらゆるものが「ここにある」、「存在」を描いている


後は、ペットボトルにため込んだ、ちびた鉛筆で仕事をしていた
久しぶりですよ、こんな小さな鉛筆たち


ちょっと目からウロコの展覧会でした

室町コレド4 千葉銀ギャラリー 3月20日まで
無料だからそのあたりに行ったらついでにぶらりとのぞけます



家に帰って、二月ラストの絵を
デッサンで描くか?
パステルで描くか?
本格的に酒井駒子のように描いてみようかと思っていたのですが・・


お風呂は壊れるは
旦那の仕事はやり直しになるは
いろいろあってこの時間までなにもできませんでした


まあ、この先もあるし
のんびりやることにいたします


二月中に遊んで描いたのですが、ボツだった絵を載せておきます





e0120794_23120395.jpg
ふきのとう


人様のブログにのっていた写真が素敵だったので・・
でも、真似したらいかんよな

といいつつ

良い写真だったので



アッ、これも学びました
写真から絵を描くとき

良い写真は描く気になります

なんでも
「わあ、いいな」と思わないと先に進まないということですね










・・・・・・








[PR]
by ne_co201 | 2017-02-28 23:20 | 絵のこと・つくること | Comments(0)

こころをおちつける

本日、大塚に行く前に鉛筆を削る

この作業がやっぱり好きだ


e0120794_21334300.jpg


9Hから~9B?くらいの鉛筆をそろえて楽しんだこと

永山先生の菊の花のデッサンをみて
うなった時なんだけどな



そういえばあの鉛筆でデッサンはしていないな







・・




[PR]
by ne_co201 | 2017-02-27 21:53 | 絵のこと・つくること | Comments(0)

静かに

久しぶりに田舎へ
静かになりました・・観光客が見えない町

見るべきものはほとんどなくなってしまったぱさぱさの街

それでも雪の山に囲まれたふるさとはやっぱりいいです


枯れて力のなくなった母
体が動かなくてもどかしい父

ちょっと寄った友達はいつもの笑顔でむかえてくれました

会いたい人がいてくれるのが一番
それがふるさとです



もうすぐ春


みんなに春がくればよいのだけれど・・



e0120794_21245542.jpg

テーマは今夢中になっているもの(私は「ボロ」だった)
5年?7年?前
はるか昔なことは確かだ





昔の絵がでてこないのですよね・・
手元にない絵に限って出てこない

永遠にきえてしまったようです
それもよいのかもしれません











・・・






[PR]
by ne_co201 | 2017-02-26 21:28 | 信州 | Comments(0)

お知らせ

喜多さんから案内が届きました

あちこちに不義理しております・・


e0120794_21270025.jpg



喜多共子・かご展+日常の服・風間紀子
銀座うとうと
銀座2-4-1銀楽ビル9F(8F+1)03-3566-0061

2117 3月1日(水)~11日(土)5日休
12:00~18;00

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


嘉楽土









絵は・・
懐かしい玉ねぎで


e0120794_21273437.jpg

実は・・
昔の絵がみつからない
あげちゃった絵など
どこにもみあたらない

父のいうとおり
全部自分で持っていればよいのだ!と

でもどうせ朽ち果てるのだから
誰かにもっていてもらえたら幸せなのかも?

考え方ひとつかな










・・







[PR]
by ne_co201 | 2017-02-25 21:49 | 花水木通信 | Comments(0)

タンゲくん

先日観に行ったブラティスラヴァ世界絵本原画展で
どうしてもほしくなった絵本がこれ

片山健「タンゲくん」


実際の絵本を紹介したいが、今回は模写を
夕方届いたので、その辺のコピー用紙の裏に一気に真似して描きました
好きなものはすぐにやる!


e0120794_18053493.jpg

最初に作者に出会った絵本は・・
どうしても本が特定できないが
油絵で描いた絵の具を塗り重ねた真っ暗な山や湖
およそ子供の本とは思われなかったが
「片山健」は覚えていたがタイトルはわすれた
それでもあの迫力だけは覚えている
これでも絵本になるの??

そのあとであったのが子供が幼稚園から持ち帰った年少版の「おやすみなさいコッコさん」

わ~こんなに絵がかわいくなっちゃって!
しかしなんて魅力的!!


ここ 長いこと絵本には縁がなかったが
今回の展覧会で
知っている画家たちの、知らない作品を見せてもらった


タンゲくん、

よかった!ので帰宅してからプチった

そして、、本日届いた
(こんな簡単に手に入るといいのか悪いのか?)

うれし~~!!

この迫力

ほかに頼んだ本とともに今日はうれしくて、うれしくて
眺め透かして楽しみますね


いい味してます
片目のネコ  タンゲくん






・・・


[PR]
by ne_co201 | 2017-02-24 20:22 | | Comments(0)

秘書

旦那が名誉職ばかり引き受けてくる
ほとんどが会長兼こづかい(最近はこういう言い方はないけどね)
一人きりですべてを取り仕切る

最近どうも下手に出るな~と思っていたら

やってきました事務整理、ファイリングから印刷、郵送。
きゃ~~、私が一番苦手なこと

アルバイト代だすから~の一言
どうせ自分のポケットマネーだから
彼の小遣いが私の小遣いになる・・
うちの中で回っているだけ

おじいさん、おばあさんのなんとか会
みんなの会費で回っている
でもリタイア後に外に出て行ってくれるだけでもいいからね

「求められるのはいいことよ」なんて言ってしまって後のまつり

まず総会の通知

あのさ~、いまどきファックス?手書きのラベル?
住所録の入力は・・?
出すほうも受け取るほうもひと世代前
ああ、一から整理して入力しなおさなければいけません

朝からそんなこと
全部私に渡したまま、あいつ(今日はダンナ!)はどこかのお偉いさんに呼ばれてお座敷だ
この時間になって
一応先が見えて「どうだ、役に立つ秘書だろう!」と言っても相手がいない


さあ、これからおばあちゃんのごはん
いそいで、急いで


かたまった腰は・・
しんどいな!






通信で私のトレードマークに使っていた悠子さんの愛猫’チャップ’
久しぶりに出てきたのでトップにも入れてみました

マウスでペイントに描いたと記憶するのですが・・どうだったかな?


e0120794_22345503.jpg







この大きさのほうがいいか!?
お店のショーケースに左足だけ落ちそうに・・
手も尻尾も想像してください

そういえばチャップも悠子さんの物言わぬ秘書だったな





・・



[PR]
by ne_co201 | 2017-02-23 19:13 | ne*co日記 | Comments(0)

私の神様

今回は絵本の神様

「瀬川康夫」「赤羽末吉」「片山健」に・・・


みちゃったよ~~原画展

わ~お!!
ひと筆、ひと塗り


しびれてまいりました・・
文句なく大好きな作家たち



しびれすぎて、腰がね・・
ちょっとしんどいので今日は・・ごめんなさい、です


まだまだ大きな展覧会は無理のようです・・


e0120794_23490663.jpg


昔描いた、YUSHI CAFEの倉庫のストーブ
かまどの神様?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

瀬川康夫は一方の神様
片山健はもう一方の神様


酒井駒子「まばたき」や松本大洋「かないくん」エレナ・オドリオソラの「フランケンシュタイン」
ドキドキ、こんなこと子供の本に?
きれいなだけではひかれない
子供だってそうだ

うまい!とうなるばかりの感動的な絵ばかりだった
絵本は超一流の作家と絵描きによって突き詰めた総合芸術かもしれない


高部さんの絵もあった
金のリンゴ賞をもらったこと
奥ゆかしい彼は語ろうともしない

改めて絵本のいろいろを考えました







・・・




[PR]
by ne_co201 | 2017-02-22 23:44 | | Comments(2)

人生フルーツ

今日は友人たちのお勧めで映画を見に行った
「人生フルーツ」

建築家のご主人が自分がかかわった団地に家を建て
周りを雑木林にして落ち葉をたい肥にして実のなる木を植え
奥様と畑を耕し、身の回りのものはみんな手作りして生活している


こころやさしく穏やかに淡々とした暮らし
食べものも暮らしも豊かでたっぷり

生きていく意味と暮らしの美しさを教えてくれるお二人だった

姿かたち、声もまた
自然と暮らしのなかでうつくしい

言葉がやさしい
語りかける言葉を記す黄色い立札

すべて丸ごと見事な生き方のお二人に

こころうたれました



こんなにおしゃれではないけれど
父と母の生活も思い出され

ありがたかったなあ・・と改めて思う

そういえば、なんでも手作り
家でご飯
手をかけて時間をかけて
育ててもらったのだと



友人たちが
「良かったよ!」って言ってくれたから観に行った
そういえば彼らも人生フルーツのようなひとたち


年を取った時の夫婦のこともいっぱい考えさせられます



e0120794_22360148.jpg

芽吹き


姿勢を正して描いてみました。


「キチンとした物を着せ、キチンとした物を食べさせる。」
「いい風に考えなさい。悪いことは口にしない。」
人生フルーツの英子さんの言葉

指針にしたい





・・










[PR]
by ne_co201 | 2017-02-21 22:37 | 映画 | Comments(0)

私の夢

私の夢は・・

トルコとシリアの国境のシャンウルファで
毎日、年寄や子供に囲まれて
みんなの顔や生活を描くことだった


一緒に行こうと言った悠子さんはもういないし
シャンウルファもシリアのどさくさで
世界中からの報道人のベースになってしまった
昔は外国人なんて誰もいないところだったと彼女が言っていた

チグリス、ユーフラテス川
社会科の授業でしか知らないけれど
彼女がとってきた写真で見る
その川の色は見たこともないような深い色だった

もう長いこと飛行機に乗れなくなったから
外国に行くこともないかもしれないけれど

もし行くことが可能ならば行きたいところ

トルコ
シャンウルファ


私の気持ちの奥に静かに静かに
彼女の思いが同化しているのかもしれない

いい加減に聞いていたのになあ
深くに沈殿している思いにちょっとびっくりしている

悠子さんの話は
現実と夢の世界のボーダーを軽く超える
軽い羽根となって私を浮遊させてくれていたのだ

私が現実
彼女が夢





・・・


[PR]
by ne_co201 | 2017-02-20 21:04 | Comments(0)

まいった

家にいてもなにかするわけでない
「これをしよう」と決めないと時間はだらだらすぎていく

この前の美術部で誰も描かなかった桜やほかのお花たち
描いてあげればよいものを・・





e0120794_18050658.jpg

風草の松平さんのお母さん
ステキだよな~
本当は手元を撮影したかったけど
お会いしたときは最後の始末のとき
あっという間に仕事が終わる

90才
どんどん靴下をあむその手元は
なめらかであっという間に形になっていく

まいった
まいった




・・・











[PR]
by ne_co201 | 2017-02-20 16:53 | ne*co日記 | Comments(0)