ちょっと・・・つけたし
by ne_co201
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


節電で思い出すこと

節電で町の中が暗くなっている。


今日ラジオで星の話を聞いていた。

「不謹慎かもしれないけど、夜の暗さを楽しんで
ちょっと空を見上げてほしい
いつもは見えない星たちがきれいに見えますよ。」

天の川の中に太陽系も入っている。
住所が
銀河系 天の川 太陽州 地球 何丁目
だったら面白そう・・・

一体どこに出すのかな~~
宇宙人に友人がいても配達は誰がするのかな?


ちょっと自分たちを遠くから見たら
少しは気持ちも落ち着くかもしれないね。




夜の暗さの話で急にアメリカの話



暗いのですよ、アメリカの夜

日本の繁華街のきらきらの看板やネオンと同じようなものを見たのは
ニューヨーク、シティーのど真ん中タイムズスクエアーと
カジノで有名なラスベガスなど

日本のように駅近くの繁華街や幹線道路が
全てどぎつい看板とネオンで埋め尽くされるような事はない


アッあとはクリスマスのイルミネーションが夜の楽しみ


それ以外は看板もネオンもほとんどないから
森に埋もれた街の中でも住所がなければ何も探せない
看板もあるけどあまりにさりげなくて
建物も箱がドカーンとあるだけ


我が家の近くのブルーミングデールなんてデパートも
倉庫かと思われる感じで、初めての人はなんだかわからない。
costcoの中をきれいにしたようなもの



でもこれはあくまで20年前のニューヨーク郊外の話
今は変わっているのだろうか?


だからにぎやかな都会に行く時はみんなちょっと緊張
あの時はまだ治安も良くなかったから
近所のおばあちゃんが
「お金はあちこちに分けて入れて
何かあったら、すぐに一箇所のお金を渡しなさい」と

電車で小一時間
駅の改札がなくて
車内で車掌さんが切符を切ってくれた。

駅舎で切符を買うと安くて車内だとチャージを取られて高くなる。
ピークとオフピークも値段が違う。
(この値段が二ドルほど違うので、なるべくオフピークに出かける)


e0120794_2233254.jpg

あちこち整理していたら出てきた切符

最後まで車掌の切符切りの法則がわからなかったけど
乗ったところと降りるところがわかるように(?)穴を開けていたらしい
椅子の頭に挟むところがあってチケットははさんだまま
席を動くときはそのチケットを自分で動かした。


グランドセントラルも改札もないからそのままおりて
自転車を運び入れた人はそのまま自転車にのって目的地まで行く。


車社会だけどマンハッタンに住む人達はあまり車が必要ない。
いけるところまで電車や飛行機
そこからはみんなレンタカー



でもね、あんな大きなうちがセントラルヒーティングで
一年中同じ気温で暮らしていた。

冬でも半そで一枚で過ごすのにはビックリ
(寒さには強いからかなり薄着だけど)


日本人のように狭い家で
コタツに足を入れて暖をとるなんてつつましい生活は
彼等には考えられないかもしれない。

こんな事を書く私達だって
ほんの少し前まで
薪をくべ、ご飯を炊いて
つましく暮らしていた事をすっかり忘れているのだから・・
一度味わった蜜の味は忘れられないのですよね。


コタツでもうひとつ
近所の兄弟が良く遊びに来ていた。
ファミリールームでニンテンドー(ゲームの事をこういっていた)をやるとき
コタツにお尻を突っ込んでみんな仲良くやっていた。

弟のフィリップ、初めてコタツを見たとき
中をめくって
「ファイアー!!!」と
赤い光がついていてビックリしていた。

そのうちコタツが彼の定席になっていた。




くだらない話を取りとめもなく

失礼しました。
[PR]
by ne_co201 | 2011-04-05 18:57 | アメリカにいたころ | Comments(4)
Commented by sinema at 2011-04-05 20:07 x
夜空を見上げるっていいよね。いろんなこと空想できるしさ。今日の夕焼けも心にしみてきれいでした。そして、お月様は、ほそーい三ケ月でウットリよ。                            あなたの、20年前のアメリカのはなし楽しいね。おこたが定席だったフィリップ君いまはどうしてるのかな?アメリカ郊外の暮らし いい思い出ですね。アメリカのドラマ、映画で 育った私たちだもの、憧れの国だよね。又 おはなし 聞かせてきかせてね。
Commented by ne_co201 at 2011-04-05 21:16
子供たちはFaceBookでアクセスしています。みんな素敵な青年になって仕事をしていますよ。一人は兵士になってアフガニスタンに行っている子も。世界は平和ではないのだと感じることもいっぱいです。
Commented by チケット at 2011-04-07 04:17 x
 キュートな切符ですね。時間によって値段が違うって おもしろい。ニューヨークのデリでのお惣菜のお買い物 サラダもエビもすべてグラムいくらで一緒の値段には 嬉しいビックリだったんだけどさ。FaceBookってすごいね。外国の人ともアクセスできるんですね。私ソーシャルネットッワークって映画観たけど いまいちなんなのかよくわからないのよ。??
Commented by ne_co201 at 2011-04-07 19:42
パウンドいくらの表示だから、お肉、お魚なんかいつも「ハーフパウンド」をお願いしました。1パウンド450グラムくらいだから200グラムちょっとを買う感じ。
私はfacebookもMixiもしないからわからないけど、連絡の取れなくなった友人たちに連絡とれるみたいですよ。手紙で十分なチケットさんにはあまり関係ないかもしれないけど・・機械と情報、生身の人間とハートがどんなふうに絡み合ってゆくのかが課題なんだと思うけど、難しいよね・・
<< うれしいお出かけ 被災地から その5 >>