ちょっと・・・つけたし
by ne_co201


<   2018年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

この絵が観たい!

アンティグアから案内が来ました

岡澤さんのお知り合いのかた二人


e0120794_18293888.jpg



e0120794_18294092.jpg


はがきをいただいてドキッとしました


ぜひ行ってみたいと思いました


石原忠幸回顧展は 10月9日~10月30日

旅で出会った人と風景  高瀬美智子 は11月6日~11月30日


アンティグアの営業日は火~金 11:00~16:00
             土 11:00~17:00
            日・月・祝日はお休みです

10月は石原さん11月は高橋さんとざっと覚えていてください

私はいろいろですがどちらも行ってみたいと思っています
教えてもらえることいっぱいのような気がします






・・

[PR]
by ne_co201 | 2018-09-30 18:38 | 展覧会・展示会 | Comments(0)

ちょっとうれしい

友人たちの展覧会をビータに観に行った帰り銀座の松屋に寄った

「銀座、手仕事直売所」

e0120794_20594550.jpg



7Fまでは年配の素敵なおばさまたちのお買いもの姿
でも8Fのイベント会場には全国からのものつくりの人たちがあふれていた
お店の人もお客様も

良いものはやっぱり良いし
高くても売れる
だってそれだけの値打ちがあるから


何年前か
この企画が始まったころは出展者も少なかったような気がする
鳥取の岩井さんが弟子と共に来るから・・と連絡をいただいて行ったのはもうずいぶん前のことだ

そこで求めた皮のキーホルダーは今でも持っている
何の変哲もない丸い輪っこだけどよい味が出ている

絵描きなんかもそうだけど
どこかで取り上げられて有名になってあれよあれよと雲の上の人になることもある

ものづくりは特に売れてこそ!と思うこともある
職人だからね、生活しなくてはいけないしね
今みたいにネットで情報が行きかうと
どこでどんなふうに引っかかるかわからないけど
ものつくりはやっぱり手に取って、使ってなんぼだから
最後はアナログで売らないと本当の良さはつたわらない

だけどね~
きちんと仕事している人やよいものを紹介しようと頑張っているギャラリーの人たちの努力を多くの人にわかってもらいたいな~とおもう。
知ってもらうことが必要。ファンを増やして、ファンに支えられるともっともっと良い仕事ができるような気がする。

今日うれしかったのは何と言っても、手作りの良さを求めている若い人たちがたくさんフロアーにいて活気があったこと。デパートのイベント会場はなんとなくおばさんたち向けの独りよがりの手作り品が並んでいたのが、なんだかすっきりしてきた。エレベーターを降りると真木テキスタイルもあったし、知っているところが定番になるとうれしいですね。


とにかく若い人、ものつくりを頑張っている人たちが元気になれることは素敵なことだと思う。
デパートの集客力や地の利の良いところ知ってもらうためには利用してもよいのかなと。作家もクラフト展と割り切って出たらよい。
ファンはどこでやっても応援してくれる。
そのためには自分を磨けばよいのだから。
そしたらお世話になっているギャラリーにも恩返しができるのでは?









・・







[PR]
by ne_co201 | 2018-09-28 21:17 | 展覧会・展示会 | Comments(0)

スエーデン織りを学んで

高校の文化祭みたいなタイトルの展示会
札幌の東急であります


e0120794_21564458.jpg
9月27日~10月3日
さっぽろ東急 
6F プレミアムスクエア 

大滝郁美
堀田ふみ
藤野華子

アンティークのスエーデン小物もあります
企画/北のクラフトいぷしろん 舟見優子


・・

長男のパートナーが織りをやっています
急にやることになった展示会です

はがきをたくさんもらったのですが北海道の知り合いは畑違いのひとばかり
札幌にお知り合いがいたら伝えてください
教えていただいたら私からはがきも送ります

スエーデンでマイスターの資格を取ってきた三人の展示会です
若い人たちの作品はみるだけでも元気になれます

のぞいていただけたら嬉しいです








・・

[PR]
by ne_co201 | 2018-09-25 22:01 | 展覧会・展示会 | Comments(0)

名月

二時間ほどで雲の中に消えましたが
7時くらいはきれいな月でした


e0120794_21470543.jpg

秋ですね・・

この夏の暑さは尋常ではありませんでした
みなさまお疲れが出ませんように













・・

[PR]
by ne_co201 | 2018-09-24 21:48 | ne*co日記 | Comments(0)

ありがとうございました

きのう無事に展覧会が終わりました

e0120794_11554650.jpg


銀座まで足を運んでいただき本当にありがとうございました
きちんとお礼も言えないままの方もいらっしゃいますのでここで失礼いたします
まして気が利かないわたしのこと、来ていただいた方にもきちんとお礼が言えていません
本当に申し訳ないことです

年を取ると来ていただくだけでありがたいです
私自身ももう次の銀座の展覧会はむりかな?とおもいます
特に毎日の出勤?はとても無理のようです
そんな話をしながら
数年ぶりの夜の銀座で友人たちと夕食をして帰宅しました



今日は一週間分の洗濯や掃除です
やっぱり疲れました・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の絵は先生がさらっと選んで
自分としては???でしたが
会場でも仲間内にも一番の話題は装丁でした

聞かれるのはそればかりでしたが
それも今回は先生からの指定でした

絵が貧しいので、話題つくりをしてくださったのだと思うのですが・・



まあとにかく腰も膝も自律神経も何もかも
最後のほうは膀胱炎も・・
でも無事に乗り越えてなんとか日常に戻りました


ながながとすみません

皆さん、ありがとうございました





・・







[PR]
by ne_co201 | 2018-09-24 12:07 | 個展・グループ展 | Comments(0)

あしたまで

毎日たくさんのかたに来ていただいています
ありがとうございます



e0120794_22590173.jpg

自分の絵はボケボケでなんとも言えませんが
いろいろな絵があってよい展覧会です

明日まで

銀座についでがありましたら





・・




[PR]
by ne_co201 | 2018-09-22 23:06 | 個展・グループ展 | Comments(0)

あめだぞ!

私は毎日銀座に出かけていく
お父さんとトトは二人で留守番


e0120794_17461776.jpg
今日も朝から

雨だぞ!
寒いぞ!と言いながら
二人でそとをのぞいています


なかよし二人です




・・

[PR]
by ne_co201 | 2018-09-21 17:51 | ne*co日記 | Comments(0)

本日から

「夢中展」

e0120794_19200426.jpg

9月18日~23日
11:00~18:00

セントラルミュージアム銀座
中央区銀座3-9-11
紙パルプ会館5F
03-3546-5855



銀座についでがありましたらのぞいてください
よろしくお願いいたします





・・

[PR]
by ne_co201 | 2018-09-18 00:00 | 個展・グループ展 | Comments(0)

急にすずしくなって

こんなお天気です
なんだか変な体調です

出かけたいけど行くあてもなし
行きたい展覧会は終わっていた・・





e0120794_20542660.jpg


ああ、なんだか前に進めません


元気になるきっかけは・・




とにかく来週の展覧会、頑張ります!!

毎日行きたいと思っていますが、どうなりますか?

お会いできたら嬉しいです!!














・・

[PR]
by ne_co201 | 2018-09-12 21:23 | ne*co日記 | Comments(0)

すがた かたち

このところは相棒から本が回ってこない
(リタイアしてから電子版になったし、小遣いが少なくて今までのように本は買えない)
私はやっぱり紙版が良いから以前の本を読みなおしていた

先日塩田に行って、クローズした信濃デッサン館の前に立った
もうこの中に入ってあの絵たちに会うことはできないのか?
急に窪島さんの本が読みたくなった

うちに無言館の本はあったけど どこにあるのかサハラ砂漠状態だ
持っている本も含めて数冊プチった



e0120794_11440848.jpg

最後に届いたこの本

開けてみてびっくり

わ~きれい!

形も色も、なによりサイズがいい

文庫本よりタテが短い
ハードカバー、さらに箱に入って
何ともたたずまいといおうかいずまいといおうか
存在感があるけど主張しない品の良さ


その世界のことは知らないけど
窪島さんのあとがきでわかった

三月書房といえば小型愛蔵版である。掌にすっぽりつつまれてしまいそうな小さな本の入った小函は、本というより、何か上等な裁縫箱か物入れでも思わせるような趣をもつ。
(略)
著者としては、まだまだ未熟というしかない半人前の文章を、歴史ある三月書房の漆塗りの重箱にムリムリつめてもらったような気分でいる・・

ものを作る、ということは作ったひと、かかわった人たちが見えてくるような気がする

だから、一目でわ~と思えるものを作っている人たちは本当にステキと思った

この出版社の本は昔から今に至るまで姿勢は変わっていない



久しぶりに「本」を手にもつ

できたらみどりの木のしたで読みたいものだ








・・









[PR]
by ne_co201 | 2018-09-10 12:23 | | Comments(0)